アンティーク時計店主のつぶやき

オーストラリアにある高級アンティーク時計専門店メルシーウォッチの店主が綴る、何気ない日常の生活や仕事にまつわるお話しです。

久しぶりの雲一つない晴天

ここメルボルンは、冬になると、本当に雨の降る日が増えます。

曇り・雨・曇・雨、そんな日の繰り返しで、しかも寒い。

日本の冬もこんな感じだったでしょうか。

 

そんな天気が続くなかで、昨日は驚くほどの快晴。

気温はそれほど上がらなかったのですが、空には本当に雲一つない、みごとな青空でした。

f:id:melsy-watch:20170608130222j:plain

バスで移動していたのですが、やっぱりこんな天気の日は、外回りも気持ちが良いです。

窓際から外を眺めていると、バスの暖房のせいもあって、こっくりこっくりと。

もう少しで降りるバス停を過ぎてしまうところでした。

 

 

f:id:melsy-watch:20170608130311j:plain

ちょっと写真が見づらいのですが、メルボルンの交通機関の料金。

バスが上下に揺れるものだから、写真がかなりぶれてしまっています。

 

日本だと、下車して乗車するたびに切符が要りますが、こちらの切符は乗り放題のような感覚。

バスも電車もトラムも、同じ共通の切符です。

 

あとは時間制で、2時間なのか、1日券なのかを選べば、その期間内ならずっと乗り降り自由です。

メルボルン郊外のかなり遠くまで行かなければ、その切符でずっと移動ができます。

(郊外線は別料金になっていますが、よほど離れなければ、メルボルンの区域内です)

 

それこそ10年以上前の話になりますが、毎年のように切符代が値上がりして、メルボルンの切符代って高いなと思っていたのですが、今になって思えば、というよりも日本に戻って思うと、これだけの金額で乗り放題になるのは良心的ですよね。

 

大人の1日券で7.52ドルなわけですから、日本円に直せば600円ほど。

日本での移動を考えれば、片道300円で行けるところなんて限られていますから。